このページの本文へ移動

アウトリーチ事業(太鼓体験) 参加施設募集について

財団主催  

アウトリーチ事業(太鼓体験) 参加施設募集について

アウトリーチ事業(太鼓体験) 参加施設募集について

開催概要

 毎年、新潟県民会館で行っている佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)太鼓体験講師による人気の太鼓体験。今年度は会館を飛び出してワークショップを実施いたします。募集要項は下記の通りです。たくさんのご応募お待ちしております。

募集対象:保育施設、高齢者施設、文化施設、コミュニティー施設

  ※施設としてのお申込みに限ります。

  ※太鼓体験はどなたでも参加できます。また、介護や支援が必要な方は付添人と一緒に参加できます。

開催時期:平成31年3月8日(金) ①10:00~ ②14:00~(1時間程度)

対象地域:村上市、関川村、胎内市、新発田市、聖籠町、阿賀町

  ※移動の都合上、今年度は上記地域を対象とさせていただきます事をご了承ください。

  ※多数応募の場合は抽選になります。

参加者人数:最大75名まで(太鼓の持込み数は25台)

  ※会場の状況により交替で体験する場合もあります。

応募締切:10月1日(月)消印有効

申込方法:「平成30年度アウトリーチ事業申請書」にて、必要事項をご記入の上お申込み下さい。

  ☆申請書はこちらからダウンロードしてください。

太鼓体験講師

宮﨑正美(さみーちゃん)

熊本県出身。2001年太鼓芸能集団 鼓童のメンバーとなり、国内外にて劇場公演、学校交流公演、ワークショップ等を通じ、演奏者、指導者、演出家として活躍してきた。明るくコミカルなキャラクターは、言語や文化の違いを超えて世界中のファンに愛され、その笑顔で周りのみんなが元気になると定評を得ている。2014年4月より、佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)に勤務し、持ち前の元気と明るさで、老若男女を対象とした様々なWSを展開中。

米谷友宏(よねちゃん)

静岡県出身。小学1年生の時から地元太鼓チームで太鼓を始める。2015年より2年間、鼓童文化財団研修生として太鼓、笛、唄、踊りなどを学び、2017年4月より太鼓体験交流館(たたこう館)で講師を務める。親しみやすい人柄が子どもたちからも人気を呼ぶ。自身が得意とする笛をとりいれた太鼓のワークショップにも挑戦中。

会員のご案内

新潟市芸術文化振興財団は、文化を通じて各地のホール、文化団体等への支援等を充実させながら、「魅力ある新潟」「豊かで住み良い新潟」づくりのお役に立ちたいと考えています。N-PAC mate 会員の方には、財団主催イベントのチケット優先予約や割引の特典をご用意しております。
N-PAC mate のご案内

保育ルームのご案内

財団主催イベントの公演時には保育ルームをご用意します。会場の都合により設置しない公演もございますので、事前に各お問い合せ先にご確認ください。

対象:生後6ヵ月以上の未就学児
お申し込み締切:公演日の2週間前
料金:200円(※公演により金額が異なる場合がございます)

※主催の都合により、内容が変更になる場合や、掲載されない催物がございます。各催物のお問い合わせ先、または当館へお問い合わせください。

日程

2019年3月8日(金)
10:00 ~
14:00 ~

会場

チケット

お問い合わせ

新潟県民会館
025-228-4481

チラシPDF

アウトリーチ事業(太鼓体験) 参加施設募集について

お問い合わせ

新潟県民会館
025-228-4481

ページの先頭へ